« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月24日 (月)

男前豆腐(実物)発見

Tofu01




ほんと今更ですが、近所のスーパーが男前豆腐を入荷したので買ってみた。
先にガチャで手に入れてたのでいつか食ってやろう思ってましたが。
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」だけは前から置いてたけどガチャは持ってなかったんで。
しかしでかい。

Tofu02
とりあえず食った。お手軽に小葱とポン酢です。
たしかに旨いけど、ちょっと腹いっぱい。

公式サイトって久しぶりに見たけどいきなりお詫びされてちょっとびっくりした。
でも何で謝ってるのか書いてないから検索しちゃったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

小川一水 第六大陸 の話

ずいぶん前に買ってから積んだままだったんですが、最近本の在庫整理して見つけたんで読み始めました。

なんとなく、出だしの文章で読む気無くしちゃってたんだけど、ちゃんと読み始めたら面白くて上下巻一気に読み終えました。
下巻の挿絵って最後まで見てから見直すと結構きます。

あんまり関係ないですが、10年計画だから13歳でもOKなのかと変なところに感心したり。

小川一水(Wikipedia)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

映画の視聴予定とか

今年は何故か上映作品を耐久レースのごとく見まくってしまいましたが、先週末のパイレーツ~でひと段落つきました。
8月以降は特に見に行きたい作品が思いつかないので、とりあえず新しい情報が来るまでは映画視聴も休憩ということで。

いまのところはっきりしてるのは秋のバタリアン5かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイレーツ オブ カリビアン デッドマンズ・チェスト 視聴

公式

これがこの夏一番の大作になりますかね。
前作「呪われた海賊たち」から引き続いて登場するキャラが多くて、その上、1作目の登場人物やストーリーの説明が殆ど無かったんで誰だっけ?と悩むこと多数。
これは事前に1作目の復習はしておくべきでした。

上映時間140分くらいありますが、飽きずに最後まで見通せたくらい出来はよかったです。
前半のテンポの良さはなかなか良かった。
しかし、途中ちょっとだれるシーンが続いたのは残念。宝を巡る争いとかちょっと長すぎなんじゃないの?とか。

まあ、その辺は別としても、一番の問題は映画のオチを3作目に送っちゃったこと。
もうちょっとすっきり終わらせられないもんでしょうか。
次回は来年春だそうなので、ちょっと間が空きすぎるし。

今回ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の性格付けがあまりにもイタいですけど、前からこんなでしたっけ?ストーリー上必要だからやったような気がしてならないんですが。
ストーリーの復習も兼ねて、そのうち前作を見直してみようかなと。

しかし、船に乗ってると男だろうが女だろうがどんどん汚い格好になっていくのはいいですね。ほんときれいにする暇も無い感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

痴漢男 Webコミックのメモ

移転してたのか

最近どこかで紹介されてて、がーっと読んでたんだけど、次の日からサイトが落ちたままだった。
完結まで続けるそうなので期待してます。

からくり工房
こっちもブックマークと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテ終わった?

ココログ復活してやっと投稿ができるようになったみたい。
有料blogサービスがこんなんじゃ拙いすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

バタリアン4 視聴

公式

初代から20年、一番新しい続編「リターンズ」から12年も経って、遂に「バタリアン4」が公開されました。
これは見に行かないといけないでしょうてことで、行ってきました。銀座のみの単館上映てのは寂しいですが、
実際に中身見たらまあそりゃしょうがないかと思ったり。

ストーリーは旧作同様、トライオキシンが漏れてゾンビ増えちゃったって話ですが、ゾンビを軍事利用しようとしているあたりはリターンズに近いんですかね?
というか、科学者のおっさんが何をやりたいのかがイマイチわかりません。とりあえずゾンビ作って餌付けしてたり。バブみたいに手懐けてたんでしょうか。
そういやメカゾンビ(メカタリアンとかなんとか)はどうやってコントロールするのかも説明なし。まあ、その辺追求してもしょうがないか。バタリアンだし。

で、バタリアン節はそこかしこに見られるんですが、それが自分のツボと微妙にずれてるらしく、すっきり楽しめなかったです。
旧作へのオマージュとかもあり、観客から笑いも取れてましたが、シナリオの破綻とか、弱体化してるゾンビとか、設定の矛盾とか、気になってしょうがない部分があるのが駄目だった原因かなと。バタリアンだから良いのかなあ。脚本はもうちょっと何とか。
あと、メカゾンビの存在理由がさっぱりです。

今年は秋に5作目が控えてますが、まあ、あんまり変わらなそうです。
上映劇場も増えないかな。

色々文句並べてますが、久しぶりの復活はやっぱり嬉しかった。5も多分見に行くかなと。

そういえば、ソースは不明ですが、「バタリアン リターンズ」のDVDが発売されるんだとか。値段は5,000円超?うーん、欲しいけど。
※と、思ったらDVD通販サイトで予約始まってますね。4000円前後らしい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

力尽きる・・・

つい最近も同じこと書いた気がしますが、ココログ重過ぎます。
今日もたいした事書いてないのに何でこんな時間かかってるんでしょうか。
もう一本映画見てきたんですが、限界なので今日はここまで。
昼間の方が空いてますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SILENT HILL 視聴

公式
初日だからかなんか色々キャンペーンやってました。
Silenthill2 三角頭の人(レッドピラミッドとか言うらしい)が迎えてくれました。
この時期大変ですね。







ゲーム版は途中で投げちゃったんで、基のストーリーとかはわかりませんが、
町に霧が濃く立ち込めてる風景とか原作を忠実に再現してますね。
よくここまで作ったもんです。

何も分からずサイレントヒルに来た主人公が散らばっているヒントを見つけながら真相に近づいていくところはちょっとゲーム意識しすぎてない?って感じはしましたが、ストーリーを追いかけていくと一応納得できてます。
サイレントヒルの謎とか何故主人公が巻き込まれたのかとか、その辺もちゃんと説明が付いてるし、しっかり考えて作ってますね。

今回見てて気づいたのが、ワ!っと声をかけて驚かすような洋ホラーによくある演出がほとんど無かったこと。周りが奇怪な空間に覆われる様子や、じわじわと近寄ってくる恐怖って感じは良かった。十分恐怖感を煽ってたし。ビックリさせるやり方はよくあるけどあんまり好きじゃないですしね。
クリーチャーの描写はかなりグロ度高いです。怖いというか、気持ち悪い。そういう感じを目指したとしたら成功してると思います。
ただ、前半出てくる雑魚っぽいクリーチャーはなんかイマイチぽい。原作に出てくるのを忠実に再現したらしいですが、なんか不自然すぎて。

スプラッタ表現は最近見たホラーの中では一番すごいかも。特に終盤のあれやこれやは中々。

という訳で、内容は中々よかったです。グロ度満点なのにちょっとしんみりしたのも不思議に良かったし。

そういえば、今までのゲーム詰め合わせを出すらしい。(完売でした)
今回の話は1作目が基ですかね?今からPS1のゲームはちょっとしんどいかも。

初日は、ナース軍団が出迎えてくれました。
Silenthill3
映画にも大量に出てきますが、うめき声がなんかエロかった。
見た目はアレでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

SONICAに試乗してきた

DAIHATSU SONICA

今の愛車がMAXなんですが、色々こだわってる所はあったんだけどコンセプトが中途半端だったのか、あんまり売れなくて販売終了しちゃったんですよね。
自分としてはまあ気に入ってるわけですが。
たしかにMOVEとMIRAの間にあるんだけど、どっちつかずなイメージがありますね。

で、無くなったMAXの後継?としてSONICA(ソニカ)が発表されたんで見に行ってきました。

Sonicaside1 MAXの面影は結構残ってるようですが、ずいぶんと背が低くなってます。
MIRAより低くなったんだったかな。
そのせいか重心が下がってどっしりした感じがします。
ロールは少なそうでいいですね。屋根は低いほうが好みなので。


Sonicafront1 フェイスはずいぶんシンプルになったかな。
自分としてはちょっと物足りないかも。
スモール部が青く塗装されてるけどこれはいらない気がする。



Sonicariar1 真後ろの写真撮るの忘れた。
この辺は先代の色が残ってるのがはっきりわかります。
ちなみにトランクはちょっと狭くなってますね。



Sonicaengine
フロントガラスが大きく倒れた形になって、その分エンジンルームは狭いです。社外品取り付けるのは難しいかも。
つける必要はなさそうだけど。
KF-DET初のターボはすごいスムーズな加速で、知らん間に80km/hまで出たりします。うちのMAXは変速ショックがでかい(個体差?)ので、比べてみてスムーズさに驚いた。
一度高速道で走ってみたいかも。


Sonicahandle1 車内。
先代に比べても広さに大差は無いけど収納の多さは比べ物になりません。
あと、蓋の開閉がなんかゆる~っと動くのは好み分かれそう。高級そうに見えるけど。

まあ、そんな感じで結構気になる車でした。

Sonicaueto1 しかし、今回は誰をターゲットに考えてるんですかね?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

ウルトラヴァイオレット 視聴

公式

たまたま映画1000円の日だったんでM:I:3とハシゴしてきたんですよ。
しかし2本続けてみるといい感じに意識飛びますね。

それで、この映画ですが、リベリオンの監督ということでガンカタ含むすごいアクションを期待してましたが、ちょーっとイマイチかなと。前半でアクションに予算使いすぎちゃったみたいな感じでどんどんしょぼくなっていきます。
基本的にたくさんの敵を瞬時に倒すミラジョボヴィッチを撮りたかっただけなのか、同じようなアクションが繰り返されてて正直飽きてくるかも。
終盤になると多数の兵士に囲まれる→瞬殺→囲まれ→瞬(ryのパターンが延々続いたりとか。
今回はほんとがんばってるところもあるけどやっつけな感じが多かった。
CGも違和感あったし、全体的に不自然でした。
トレイラーを見たときはすごく期待しただけに、残念です。

あ、あと、ミラの衣装や髪の色がちょくちょく変わるのって鬱陶しいです。
あれって何か意味があったんかな。よくわからなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M:i:3 視聴

公式サイト

タイトルの書き方に変にこだわるから検索とか面倒ですね。
普通にMI3って書けばいいのに。
で、一応先行上映で見てきましたよ。ストーリーは最初から重い感じでスタート。
前半~中盤は結構派手に進みます。いかにもMIな作戦も見せるし。
しかし中盤以降は急に盛り上がらなくなるというか、淡々と進んでそのままエンディングに行く感じ。
前半に労力つぎ込んじゃったんでしょうか。
それと、後半にあったタネ明かしが実はよくわかっていません。
もう一度見ないとだめか。

ちょっと関係ないですが、TVでMI2が放送されていましたんでつい見てしまったんですが、鳩が出てくるとどうしても笑えてしまう。まあお約束なのでしょうがないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

最近重すぎですよ

夜だとまともに繋がりません。

これはしばらく更新できないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

個人用Amazon

ミクロマン ミクロアクション エヴァンゲリオン アスカ・ラングレー(プラグスーツ版)

半額だしね。

ミクロマン ミクロアクション エヴァンゲリオン 綾波レイ (プラグスーツ版)

こっちはちょっと高い。
あとはまあそれなりに。

おもちゃ&ホビー 人気商品ベスト20
ベストセラー:コミック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »