2007年6月23日 (土)

イブニングと言えば

そういえば、イブニングで思い出したけど、別の雑誌で昔完結になった作品の2世ものや続編を始めるってのはよくある話ですが、
イブニングなんかはその辺が顕著な気がします。(Wikipedia
喰いタンとミスター味っ子2の並行連載はなんか酷かった。
あれって味っ子の始まり方が唐突過ぎてなんだこりゃって思ったもんでした。
テコ入れかなにかですかね?

あとはモーニングとかで連載されてた作品をそのまま持ってきたりとか。
モーニングは元々読んでなかったんで話がさっぱり分かりませんでしたが。
最近は中途半端な移籍漫画が終了して新規連載が増えてきたんで少し個性も増えてきたかなと。
あいかわらず表紙は島耕作だったりすること多いんですけど。

この頃はZOO KEEPERとかが面白くなってきてたりする。
中国の動物園の事が最近ニュースになったけど、これを見て同じテーマを取り上げてたなあとか思い出しました。単行本の1巻が出てるらしいんで買ってみようかな。

あーそれと、また最近コムスンのニュースを見て、同じくヘルプマンを思い出したり。
老人介護をテーマにした作品は他に知らないんでなかなか興味深く読んでたりします。

そういうわけで、なんだかんだいって買い続けてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやしもん 第5巻 限定版

イブニングは自分としては珍しいことに創刊号から読み続けてる漫画誌でして、
もやしもんも一応欠かさず読んでたりします。
そのもやしもんもいつの間にやらTVアニメ化だそうで、何か感慨深いです。
作者サイト

Moyashi01 ということで、第5巻が発売されてました。何故か近くのコンビニに大量入荷してたのでそのまま買ってきちゃったんですが、
限定版のほうが通常版よりも大量に積んでありました。
ずいぶんたくさん刷ったんですかね。


おまけについてるのはオリゼーのストラップ。まだ封は切ってません。
第4巻についてきた菌フィギュアから作ったらしく。
そういえば4巻の菌フィギュアも手付かずで置いたままだったような。

今回のカバー下にはアニメ用のキャラクター初期設定画が印刷してありました。
これが見るとちょっとびっくりするんだけど、作者とキャラクターデザインの2バージョンを並べてます。あえてこういう配置にしたのか?

Moyashi04 こちらは作者画









Moyashi05 アニメ版のキャラデザ画








絵柄が全然違うけどこれで確定なんでしょうか。
原作版の目つきとかテレビじゃやりにくいんかな。あの絵が好きなので残念。
取りあえず漫画に出てくるギャグ顔がアニメには全く入る余地無さそう。

ま、アニメが始まっても見られるかは分かりませんが、人気が出て菌スイングとか出てくれればいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

F.S.S データベース

The Five Star Stories(正式サイト名で良いですか?)

どこかで紹介されていたF.S.Sのデータベースサイト。
いやー、2時間ほど読みふけってしまったけど、読みきれないのでリンク張っておこう。

原作は今どの辺りなんでしょうかね?コミックも改訂版が出てるみたいだし、把握できませ。

そういえば、かなり昔にプラモのK.O.Gを買ったんだけどパーツ精度が悪すぎて自分のスキルじゃどうにもなりませんでした。今もあるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

自分用Amazonメモ

PS2 うたわれるもの
TVアニメラジオでハマリかけ。(どっちも一回目の放送は逃してるんだよなあ)
限定版は色々特典がつくらしいですが、

ファミ通キャラクターズ
うたわれるもの特集だそうなので。ちょっと高いか。

超こち亀(通常版)
こち亀そのものからはリタイアしちゃったけど、この本はかなり豪華らしいのでよんでみよかなと。
超こち亀(道楽ボックス)
こちらはおまけがついて結構値が張ります。

聖闘士聖衣神話 スタンドセット
S.I.Cのスタンドにちょうど良いらしい。デザインはともかく。
(これを単品400円くらいで売る某ホビーショップはセコイ商売してますね。)

季刊 S(エス)
これは、ちょっと気になる記事があるので。

Fate/hollow ataraxia FA4 Fate/hollow ataraxia (PVC製塗装済み完成品トレーディングフィギュア) BOX

FA4 TYPE-MOON collection (BOX)
型月関係はとっぱらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

部屋の色々を始末する

なんか家に工事業者が入るそうで、壁際に積んであった荷物を片付けることになってしまいました。

Urerukana





もう雑誌が無くなっちゃたこともあり、捨てるに捨てられなかったんですが、これを機に全部始末しちゃおうかなと。
引き取り手が良そうならヤフオクにでも出してみるのも手ですが、需要あるかなあ?期間も今週いっぱいだしな。

希少価値があるかは知らないが、家にある在庫。
・ヤングマガジンアッパーズ 2004年 17,19,21(最終号)
・アフタヌーンシーズン増刊 7,9,10,11,12,13,14(最終号?)
・ヤングキングアワーズ増刊 2002年3月増刊,7月増刊
・梅川和実 ガウガウわー太 総集編1~4 どっかでもらった書き下ろしペーパー3枚
※その他はあまり思いいれも無いので省略。

アッパーズは最後の1年間は毎回買ってたはずなのに三冊しか残ってなかったのがちょっとショックだ。最終号の作家と作品シャッフル企画は(当たり外れが激しいが)面白かった。全作品登場して欲しかったけど。
やまとの羽根とジョバレは救済して欲しかったな。打ち切り勿体無い。

アフタ増刊はほんと面白かったのに(当時本家が低軌道だっただけに)、打ち切られて悲しかったな。蟲師とか、ラブやんとか、もっけとか、芦菜野ひとしとか、竹易てあし(沙村)とか、神原宏則とか、面白いのいっぱいあったんだが。
うち何本かは本家に引き取られていったけど。あと、結構好きだった高橋慶太郎の「Ordinary±」はいつか本誌で連載再開してくれるのを待ってたのに一向に始まらなくて、何時の間にかサンデーGXで別の作品を始めていた。

アワーズ増刊はHELTING外伝の為だけに買ってたけど(今はアワーズ+に名前変わった)、これで水上悟志の作品を初めて見たはず。げこげこは名作だと思う。
今でも短編は描いてるみたいだから短編集が楽しみ。
他にこだわり無かったから2冊しか残ってないんだろうか。
しかし、HELTHING総集編と、トライガン総集編は確かに買ったはずなのに紛失してた・・・。
トライガン総集編はアニメ資料が面白かっただけにちょっと悲しい。

ガウガウわー太は移籍後上手く行ってるのか全然知らないけど、こないだ新刊が出てたから大丈夫なのかなと。

と、雑誌をまとめて縛りながらつい読み返してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月21日 (金)

小川一水 第六大陸 の話

ずいぶん前に買ってから積んだままだったんですが、最近本の在庫整理して見つけたんで読み始めました。

なんとなく、出だしの文章で読む気無くしちゃってたんだけど、ちゃんと読み始めたら面白くて上下巻一気に読み終えました。
下巻の挿絵って最後まで見てから見直すと結構きます。

あんまり関係ないですが、10年計画だから13歳でもOKなのかと変なところに感心したり。

小川一水(Wikipedia)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

アトモスフィア (2)

以前なんとなく買った1巻の続きが出てたので確保。
このオチのつけ方はひどいなあ。なんだろ、やったもん勝ち?

この作者の作品はこのシリーズが最初ですが、いつもこんなんなんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

処分前 その1

諸事情により家にある本を処分するはめになったんで、
手元を離れる前に写真に残そうかなと。
画像をPCに移動中にフリーズしてしまい大半の画像がお亡くなりに・・・。
残ったのはこれだけでした。
060505_iou 黒田硫黄 「大王」
月刊アフタヌーンで最初に読んだ投稿作品がなんかインパクト強くて、
単行本化したら早速買いに行きました。
アフタヌーン以外の連載は追いかけてないので他雑誌の作品はよく知らなかったり。

060505_konpeki 水原賢治 「紺碧の國」
何がきっかけで買ったのかが思い出せないんだけど、どこかの書評サイトだったような。
連載誌休刊による打ち切りなんだけど、終わり方があまりにももったいないと言うか、
いいとこで切りすぎです。
実は後書きに連載中断について書かれてたんだけどそこに気づいたのは買ってから2年経ってました。色々構想はあったんだね。

060505_yoshiki 田中芳樹作品色々
全部古本屋で見つけたもの。銀河英雄伝説は好きですが、ほかはだんだん読めなくなってきてます。
コミック版銀英伝ってどうなったんだろう?途中まで集めてたけど。
タイタニアって三巻で終わり?とか、赤熱のは?とか。中国歴史物はイマイチとか合わなくて読んでないとか。

後何10枚か写真撮ったんですが、消えたのが悲しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

「長い長いさんぽ」 須藤真澄

エンターブレイン

たまたま(初めて)買ったコミックビームにこれの「長い長い散歩(後編)」が載ってたわけですが、
これ読んでなんでか色々きました。そういや自分も居なかった時だったしなとか。

前編の話は読んでなかったのでちょっと気になってたんだけど、これが単行本になったそうで、
本屋で見つけたんで買ってみました。
通して読んでみてなんというか、良かったなと。感動とかそんなんじゃなく良かったとしか思いつかないんだけど。

前編の話もそうだけど、他に収録されてる短編も合わせて読むと良いんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

ちょっとあまぞん

久しぶりに買うのよ。

スーパーロボット大戦α PREMIUM EDITION (60%引)
週刊石川雅之
携帯型プラネタリウム ハンディホームスター シルバー

駿河城御前試合

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧